「立命館大学機友会第26回定時総会開催」

2017年10月22日(日)11:00~より、びわこ・くさつキャンパス(BKC)ローム記念館5階大会議室において、63 名の出席のもと、定時総会が開催されました。機友会会長の津田 雅也 先生の挨拶ののち、来賓として立命館大学総長 吉田 美喜夫 先生よりご祝辞いただきました。機友会会員に向けて素晴らしいメッセージをいただき、参加者一同大変うれしく思いました。

その後、事業報告、会計報告、役員改選、事業報告、会則改定について、報告・承認され、閉会となりました。

* 津田 雅也 先生

 

次の講演会では、立命館大学元副総長の田中 道七 先生より「哲学書を読む」というタイトルでお話いただきました。そして機械工学科教授で機友会庶務幹事の伊藤 隆基 先生より「機友会の現状と今後の改革」についてお話がありました。

*  田中 道七 先生

 

*  伊藤 隆基 先生

14:00~は、レセプションホールに会場を移し、懇親会が行われました。機友会副会長の酒井 達雄 先生の乾杯のご発声に始まり、和やかな雰囲気で皆様交流されました。出席のあった支部からは、それぞれの支部の活動について報告がありました。

*  酒井 達雄 先生

 

当日は台風の接近により開催が心配されましたが、無事に開催することができ、事務局一同ホッとしました。天候不良の中、参加して下さった皆様、ありがとうございました。また、今回は20名を超える学生の参加があり、卒業生と学生が交流する良い機会となりました。これからもこのような交流が続くことを願っています。

最後になりましたが、今回、出席は叶いませんでしたが、機械工学科出身で元立命館大学総長の大南 正瑛 先生より皆様にお手紙をいただきました。当日参加者の皆様にお配りしたものを掲載いたしますので、是非お目通しください。また、当日講演いただいた田中 道七 先生の講演資料も掲載いたしましたので、併せてお読みください。

大南先生からのお手紙

田中先生 講演資料

立命館大学機友会第26回定時総会が開催されました