「工作体験会をBKCで開催しました」

AIOL学生スタッフ 佐藤 勇希

AIOLでは7/26(金)・27(土),8/9(金)・10(土)・23(金)・24(土)の6日に渡って小中学生向けの工作体験会を開催しました.AIOLにある3Dプリンターやレーザー加工機を使って,子供達のオリジナルのキーホルダーやコースターを作製しました.

体験会では,子供達が紙に書いたくまやカブトムシ,ねこなどの絵をもとに,子供達自身がCAD(パソコン上で図面を書くソフト)で絵から3Dデータを作成し,3Dプリンターで造形を行い,キーホルダーを製作しました.子供達は自分で書いた絵をスキャナーで読み取りレーザー加工機でコースターに彫刻も行いました.またAIOLで製作された二足歩行ロボットの操縦体験も併せて行いました.

子供達や保護者の方々は3Dプリンターやレーザー加工機といった家庭ではまだそこまで一般的でない工作機械を見て,実際に動かすということに非常に興味を持ち,たくさんの質問を頂き,動作する様子を見入っていました.

工作体験会を通じて自身が構想したモノが実際に出来ていく過程を見ることでモノを作る楽しさを体験してもらい,AIOLを利用する学生が作製した製作物を見ることでAIOLが作りたいと思ったものを実現しやすい場所であるということを知ってもらうと同時に立命館への興味を持ってもらうことが出来たと思います.

<当日の様子>

 

機友会ニュースデジタル版第87回 「工作体験会をBKCで開催しました」 AIOL学生スタッフ 佐藤 勇希さん